離れ「ゆらり」 紗々羅公式サイト限定スペシャルプラン

離れ「ゆらり」

岩露天風呂、大木露天風呂

民家を解体した古木を8年間かかって集め、その木に合わせて設計したのが、離れ「ゆらり」です。
和室12.5帖と、ダブルベッド・セミダブルの洋室、リビングルーム付の、120平米の建物です。定員8名。
和室と洋室は離れていて、プライバシーが保たれます。庭園には岩風呂と大木の2つの露天風呂があります。建物は木造平屋の一軒家です。
柱にはかつて新館「紗々羅館」が平成8年8月8日にオープンしたことを記念して、欅の八寸を用い、ステンドグラスも8箇所入っています。

〔客室120㎡+庭園60㎡/定員8名〕

宿泊料金(税別)

宿泊日お一人様
平休日¥49,800
休前日¥59,800
  • ※別途、入湯税150円がかかります。

宿泊プラン

お料理

夕食/飛驒牛付き和風会席料理
夕食に四年連続金賞の日本一のお米「龍の瞳」を使います。詳細はこちら
部屋食プランの場合は特別室料理。食事処プランの場合には味覚膳。
※3,900円プラスして飛驒牛ステーキ、飛驒牛味しゃぶの全てを味わえる飛驒牛づくしに変更できます。

  • 特別室料理

  • 味覚膳(一例)

  • 元祖飛驒牛づくし

チェックイン/チェックアウト

チェックイン15:00 チェックアウト10:30

眠り姫プラン

全てのプランにお一人様1,600円追加にてチェックアウトを12時まで延長可能なプランです。
朝食は朝会席(8:30最終スタート)

浴衣

女性のお客様にはおしゃれ浴衣をお選び頂けます。

下呂温泉 紗々羅の木材活用について

設計図面に合わせて木材を集めるのではなく、8年かけて新潟の古民家の古材を丸ごと買い、また富山・北海道の古材を集めるなどして、木に合わせて設計したのが、離れ「ゆらり」である。
新館には、それぞれ木の良さを出せる様に木材を使った。一般和室「木の香」(このか)の場合は、木の香りを主題とし、平成16年に行われた改装の際には、新館開館日の平成8年8月8日にちなんで、本物の木曽檜の八寸の柱と梁を選んだ。他の一般和室「蔵の間」に使用された木材の一部は、蔵をイメージした古材が用いられている。
最近設置した個室の食事処には、オーソドックスな食事処「時の壷」と、モダンな「銀の庭」とがあるが、「時の壷」では円形の丸太の柱にケヤキを、テーブル材にはトチ、ケヤキ、それに栗を用いた。「銀の庭」のテーブルの板もまた厚めのトチとケヤキで、本物が好きであるから、全て本物の木材を使用した。
本館一階の談話室では、入口の大きな柱に北海道産の栗の木を用い、カウンターに福井県産の松を、真ん中のテーブルには、ケヤキのどっしりとした一枚板を使用した。

このページのトップへ